保護者として子供のやる気を引き出す

個別指導塾の講師がどんなに素晴らしい実績があっても、お子さんが中学受験に興味を持ち、やる気を持って勉強しない限り、成績は向上していくものではありません。もちろん塾の講師も、お子さんの性格を理解することに努め、お子さんに合った指導カリキュラムを組んでくれます。やる気を引き出す努力もしてくれます。しかし、お子さんがこの学校に行きたいという強い気持ちを持っていない限り、質の高い勉強はできないでしょう。

保護者が決めることが多い中学受験ですが、保護者の中には中学受験にやる気のなかったお子さんをうまく誘導し、やる気を引き出すことに成功した保護者も多いです。こうしたご家庭では、積極的に私立中学など中学受験実施校を見学に行っています。

中学受験実施校では多くがオープンスクールや授業体験、また体育祭など、学校を知る機会を沢山設けています。オープンスクールでは施設の紹介や部活動の紹介、学校のイベントなどを説明し、お子さんが中学受験で目指す学校をよく理解できるように様々な体験をさせてくれます。

体育祭などはその学校で先輩たちがどのように絆を持ち頑張っているのか、そのイメージを持つことができます。こうした機会をたくさん作り、私立中学になるべく多くかかわる時間を作ることでお子さんのやる気を引き出すことに成功した保護者も非常に多いのです。