塾にだけ背負わせない

個別指導塾は以前と比較しても質の高い指導が行われています。中学受験を目指すお子さんたちに十分な指導ができることは間違いありません。ただ、塾だけに頼っていても、合格できるということはなく、やはり自宅学習にしても情報収集にしても、ご家族のサポートなくしては、合格は見えてきません。

個別指導塾の指導の中でも、自宅学習は重点が置かれています。学習の基本は家庭にあるという考え方です。小学校低学年から個別指導塾など中学受験を見据えた指導を受けるお子さんが多くなっていますが、低学年への指導の中でも、自宅で学習する時間を作り、生活リズムを一定にしておくことが大切といわれます。

合格できなかったのは塾の指導が悪かったから、またうちの子供に合った塾じゃなかったと考えてしまう保護者もいますが、その塾を選んだのは保護者、もしくはお子様です。塾選びを慎重に、納得のいくものとすべきなのは、合格できなかったとしてもお子さんが成長し、一生懸命頑張った結果なのだと思えるためにも大切なことなのです。

塾はあくまでも中学受験のサポートです。保護者の立場と変わりありません。中学受験に挑むお子さん、保護者が、必死に頑張った結果だと納得できる中学受験であれば、得るものはたくさんあるはずです。