生活リズムを改善しよう

個別指導塾に行くにしても、集団指導塾にしても、お子さんは毎日学校で勉強し、自宅学習し、塾でも勉強し・・・と、かなりハードな生活になります。小学校低学年で自宅学習の癖をつけておけば、自宅で勉強することが自然なこととなっているので問題なく勉強するリズムが付いていますが、小学校高学年になってから中学受験を考えたご家庭では、学習のリズムをつけるということがとても難しいと感じているでしょう。

塾が一つのポイントとなります。個別指導塾に行くことでまず、塾に行くという習慣ができます。塾では必ず復習のための宿題がでますし、予習をしておくことも指導されますので、自宅で塾の宿題をこなす時間が必要となります。この自宅学習の時間を癖づけるのが大変です。

塾でお弁当など夕食を済ませていると思いますので、自宅に帰ったらまず宿題を行わせます。ここでぐたっと休憩してしまうと、やる気が起きなくなります。すぐ宿題に取り組ませてそのあとでおなかがすいているようなら軽食を取らせます。風呂に入って目が覚めたところで予習の時間を設けます。

子供の部屋だとお子さんが本当に勉強しているのか判断できないため、リビングにお子さんの中学受験勉強スペースを設けているというご家庭も多いです。予習が終わったら就寝、翌日の朝、塾で行った問題をもう一度解いてみるという繰り返し学習を行い朝食・・というリズムを作るといいでしょう。