成績が伸びない時にも力になる

元々学力が高く、あの子なら何の問題もなく中学受験に合格するんだろうねと噂される子供でも、成績がおち、伸び悩み中学受験の志望校を考え直すべき?と保護者が悩むときもあります。周りから見て、まったく問題のないお子さんでも、中学受験のために頑張って勉強しているときには、調子が悪い時も、いい時もあります。

成績が落ちる、伸び悩むと、保護者もかなり心配になります。本当に勉強しているの?塾できちんと話を聞いているの?と怒りたくなりますが、成績が落ちて一番落込んで悩んでいるのはお子さんです。また成績が悪い時も、伸びない時も、その時間がお子さんのためになっていることもあるのです。

成績が伸びないと、なぜだろう?と考えます。今まで調子よく勉強して勉強の仕方も替えていないのにどうして成績が落ちたんだろう?と保護者も考えるでしょう。ここで勉強の仕方について、指導の受け方について考え直す機会が与えられています。ここまでは高い基礎学力がなくてもクリアできたけれど、この先、小学校6年生になってからもっと指導内容が難しくなるとさらに成績が伸びないのでは?と、考える時間が与えられえたともいえるのです。

もう一度、お子さんの指導について考えてみましょう。必要なら、転塾やダブルスクールなども考慮し、本当にお子さんのためになる指導とは何かを考えていくといいでしょう。