本当に身になる指導って?

中学受験は長い人生の中で通過点、またあるお子さんには受験という壁を始めてみる経験となります。その先、高校受験を経験されるお子さんもいますし、大学受験を志すお子さんもいます。最近は高校はもとより、大学に行くことも当然という世界になっているため、社会人になるまでに、少なくとも2回、3回という受験を経験します。

小学校の勉強はそれほど難しくなく、中学になるととたんに難しくなるので、中学入学時に困らないようにと、中学受験を行わないご家庭でも補習塾などに通わせることを検討されますが、実は小学校の勉強こそ、その後長く続く受験生活に重要な勉強となるのです。

中学受験では小学校の基礎学力がついていないと、個別指導を受けて、必ず基礎学力を身につけておくようにと指導されます。小学校の基礎学力が本当に身についていないと、その先のレベルの高い勉強についていけなくなるからです。基礎学力があってこそ、中学受験の難しい問題や、高校、大学の受験問題を解くことができるようになるのです。

集団指導の中で本当の実力を得ていくお子さんもいますが、個別指導ではお子さんに合ったきめ細かな指導ができるため、本当に身につく指導を受けられるといえるでしょう。