お子さんの「良さ」を引き出す

集団型指導塾と個別指導塾の違いは、講師一人が大勢に指導する、講師一人が少人数もしくは一人に対応するということだけではありません。集団型指導塾の中でも大手進学塾では入塾テストがあり、そのテストでクラス分けを行い、学力別クラスの中で学習を進めていきますが、大手進学塾でも有名塾となると、入塾テストで合格しないと入塾できないこともあります。個別指導塾はこうしたことはなく、誰でも指導を受ける事が可能です。

集団指導型塾に中学受験をめざし通っていたお子さんがいます。しかしそのお子さんはその後個別指導塾に転塾し、最終的に難関校に合格し今充実した中学生活を送っています。集団指導型塾の中でも有名塾であり、入塾テストで合否が決定するという塾でしたが見事合格し、トップクラスの中で授業を受けていたのですが、成績がみるみる落ちてしまったのです。

何がよくなかったのか、そのお子さんはとても優しいお子さんで競争することが嫌い、また消極的でマイペースの学習を好むお子さんでした。進学塾でいくら学力レベルが高いお子さんでも、周りを気にしながら勉強するという特別な環境で勉強することがストレスとなっていたのです。そのお子さんにとってよさを引き出す塾にはならなかったのです。

塾は中学受験のために通うところですが、お子さんのよさを潰してしまうようでは意味がありません。子供の性格に合った塾を選択することはとても大切なことなのです。