低学年から利用できる個別指導

進学塾の中にも最近は個別指導クラスや個別指導システムを導入する塾が出てきて、お子さん一人一人に指導カリキュラムを組む個別指導という教育が広がりを見せています。中学受験が注目され、受験を考えるご家庭が多くなってきた中、個別指導塾1本で中学受験に挑むご家庭も多くなっています。

教育熱心でお子さんが誕生してからずっと、お子さんの将来を考え幼稚舎の受験や小学校受験、また中学校受験がいいかと考慮されてきた保護者は、受験ということについて実に詳しく、またお子さんをしっかり見つめ、どのように指導していけばいいか考えていらっしゃいます。そのため、集団指導型塾にしても、個別指導塾にしても、通い始めの年齢に低年齢化が進んでいます。

小学校入学時点から個別指導塾を利用し、基礎学力を向上させる、また中学受験にあってはならない苦手科目、これを作らない指導が行われています。2科目受験が多かった中学受験も今ほとんどの中学で4科目受験となっていますので、苦手科目を作らないということは中学受験にとって非常に大切なこととなります。

進学塾ではまだ低学年児から利用できる塾はそれほど多くありませんが、個別指導塾では低学年児から利用できるところが多いです。お子さんの中学受験準備のため以外にも、通常の成績を落とさないということで、低学年から個別指導を利用されるご家庭も多くなっています。