お子さんによって違う必要な勉強

中学受験というととにかく大手進学塾に入れて人気講師に質の高い指導をしてもらうことが先決と考える保護者が多いのですが、その前に、お子さんの学力やお子さんの勉強への取り組み方をよく観察してください。お子さんの学力はそれぞれですし、勉強への取り組み方も違いがあります。

小さい頃から勉強する癖がしっかりついていて、コツコツと勉強できるお子さんは塾でもきちんと講師の話を聞いて勉強に取り組めると思いますが、逆に、学習のスピードがマイペースで、大手進学塾などの早い学習スピードについていけない可能性もあります。こうしたお子さんは中学受験に向けて学習スピード向上の指導も必要となりますが、個別指導塾でお子さんのペースに合わせて基礎学力をつける勉強方法があっているでしょう。

勉強があまり好きではない、学力レベルもそれほど高くなく苦手科目があるお子さんも、個別学習向きです。わからないことが多いので勉強する気にならない、面白くないのです。個別指導をうけてわかることが増えていくと少しずつやる気が出てきて、成績も向上していきます。

元々高い学力があり勉強もやる気があるというお子さんは集団型指導の中で競争しながら伸びていけます。ただ、途中で基礎学力に問題があることが分かったり、苦手な科目がでてきたら個別指導や家庭教師などを考慮してもいいでしょう。