お子さんの性格を判断して

中学受験は保護者の受験ともいわれることもあります。なぜこういわれるのかというと、中学受験は高校や大学受験と違い、お子さんの意思で決定する受験ではなく、保護者が教育方針など魅力を感じた中学への受験を考えることが多いからです。

ただ中学受験を実際に受けるのはお子さんなので、決定は保護者であっても、塾や志望校の決定にはお子さんの意見をしっかり取り入れ、納得の上で勉強できる環境を作っていくことも大切です。特に塾の選択は中学受験を目指すお子さんにとって、とても重要なこととなるため、保護者一人で選択しないようにしましょう。

お子さんの性格をよく考慮してください。お子さんは積極的でしょうか、それとも消極的な性格でしょうか。積極的なお子さんなら集団型指導でも充分やっていけると思いますが、消極的なお子さんの場合、集団の中にいると萎縮し、質問などでもできないことが多くなります。学習指導を受けに行っているのにわからないことがわかるようにならないのでは意味がありません。

個別指導塾など、お子さんが委縮せずのびのび指導を受ける事ができる塾選びをしましょう。お子さんの意見をよく聞き、体験入塾なども行い、実際にお子さんに経験させる樋ことも大切です。