苦手科目と基礎学力向上

個別指導塾の真骨頂というと、苦手科目克服と基礎学力向上です。この二つの指導ですが、実は中学受験合格の肝となる指導です。最近は小学校低学年から進学塾、個別指導塾に通うお子さんが多くなっていますが、なぜこんなに早くから塾を利用するのかというと、お子さんの苦手科目を知る事、またお子さんの基礎学力をできる限り伸ばす指導を、低学年のうちから始めておきたいからです。

基礎学力を小学校高学年になってからしっかりつけようと思っても、なかなかうまくいきません。学校の授業を受け、塾で単元をこなしながら、基礎学力向上のための勉強もしていかなければなりません。時に小学校5年生のお子さんが3年生の勉強に立ち返り、もう一度学習しなおすということもあるでしょうし、今まで理解できていないところをやり直すのは大変です。

時間があればあるほど余裕を持ってやり直しができます。もしも小学校高学年になってから苦手科目が克服できていないということになり指導を受けるにしても、集団型指導ではこうした指導を行うことは無理なので、個別指導を受ける事になるのです。苦手科目を持たない、基礎学力が高いというこの二つの力は、中学受験にとって非常に有利な力となります。