個別指導塾は中学受験に向かない?

中学受験を経験したご家族に聞いてみると、多くのご家族がやはり中学受験は、個別指導塾よりも進学塾の方がいいわよと意見を聞くことが多くなります。中学受験を経験し、私立中学などに合格している先輩たちからこうした意見を聞くと、やっぱり中学受験と言えば、大手進学塾、集団指導型塾が向いているのかしら・・と保護者はかなり悩むことになります。

でもこれはあくまでも、体験したご家族のお話で、自分の子供の話ではありません。お子さんの性格も違うでしょうし、ご家庭の状況も違いがあるでしょう。もちろん意見を聞くことは大切ですが、本質を見誤らないことです。

個別指導塾は確かに以前、苦手科目克服や基礎学力向上には向いていても、中学受験の第一の塾としては向かない、ダブルスクールなどを考えるときに考慮する塾といわれていました。しかし現在では個別指導塾だけに通い難関中学に合格したというお子さんが多くなっています。以前とは個別指導塾のカリキュラムも変化し、苦手科目を克服しながら、基礎学力を向上させながら、中学受験の難しい問題を解ける学力を身に着ける指導が行われているのです。

集団型指導がいいのか、個別指導がいいのか、周りの意見を聞いてよく考えることも必要ですが、まずお子さんの性格、学力をメインに考えていくことが重要です。